2017年8月26日土曜日

【網走】鉄ちゃん&鉄子の宿に行ってみました【鉄道旅館】

 モデラーなんだからそろそろ製作記事書けよと言われそうですが、今回はどうしてもご紹介したい場所がありますのでお付き合いください。

 先日のお盆休みに買い替えた車でロングドライブに出かけまして、その時に前から聞いていた網走湖の畔にある鉄道ファン御用達の宿に泊まってきました。




温泉旅館もとよし別館の旧国鉄保養所を改装し、鉄道部品、グッズ、本、模型等を取り揃えた鉄道ファンのための宿としてオープンし、今年で8年目を迎えました。
日中は常設の資料室として、夜は旅館として営業しています。
 



外壁から館内通路、部屋の中まで至る所に鉄道グッズがちりばめられています。客室表記が旭川駅地上時代に使用されていた乗車位置標で部屋番号が号車番号になっています。
不覚にも客室の写真を撮るのを忘れてしまいましたが、1人だったせいかベット付きの洋室部屋でした。他にも和室もあるようです。




 館内の一室に設けられている資料室には石北線関連を中心に部屋いっぱいに部品・きっぷ・ポスター等グッズが並べられています。


また、館内奥には24時間走らせ放題のNゲージレイアウトが常設。





 もちろん車両を持ち込んで走らせることができます。



 明かりを消せば夜景走行もできちゃいます。


 今回は1泊2食付きのプランでメインディッシュが6種から選べるプランを選択。ごはんも出ますのでなかなかのボリュームです。
 お風呂も本館で入ることができます。


 そして注目なのがこの宿、石北本線が間近に見えるのです。


 撮り鉄も楽しめます。網走方がカーブになっているので特急列車を編成で収めることも可能です。




私は撮る方には疎いので適当に。朝からオホーツクや大雪を。館内には列車の通過時刻表が掲示されているのでチェックしていれば見逃す心配はありません。


 ざっと紹介しましたが、古き良き国鉄時代の保養所がこうして現存し実際に使われているのはもうここだけだそうです。老朽化による建物のトラブルも絶えず補修にも結構苦労しているとのこと。にもかかわらずこうして長く営業を続けられているのは主に切り盛りしている旅館の番頭さんとグッズ収集等で協力している地元団体の方々の努力の賜物ではないでしょうか。
 末永く営業を続けてほしいとの願いを込めて、今回ご紹介させていただきました。また行きたいと思います。皆様も来道の際はぜひ。(記事冒頭の施設名にリンクを入れましたので詳しくはそちらをクリック!)


にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
にほんブログ村 JRで行くには呼人駅から徒歩30分程度。夏なら湖畔散歩しながらでもいいかもです。

2017年7月28日金曜日

HME2017に出展します【アオシマDD51新作登場】

 ようやく更新できる余裕が出来ましたがもう開幕まで半日ありませんw

 今年も明日29日・明後日30日の2日間北海道最大の合同模型展示会、HME「北海道モデラーズエキシビジョン」が開催されます。

 今回私は予てから製作していたこちらを出展します!

アオシマDD51 1184号機! 


新潟で生涯の大半を過ごし晩年は北海道で活躍した1台。
東日本大震災後、被災地への燃料輸送のために応援に駆けつけた車でもあります。


 とにかくリアリティを追求し汚して塗装もくたびれさせて今までにない仕上がりで面白かったです。


 会場では昨年の北斗星色1140号機と並べます。そのディテールの違いを見比べてみるのも楽しいかと思います。


 また恒例のNモジュールレイアウトも一部新作で登場。私の過去作釧路湿原モジュールも出展します。

 
詳しくはコチラ


展示場所はいつものアトリウム会場の札幌コムモデル・モデルクラブ卓です。

 作品は2日間展示しますが私自身は仕事の関係上30日のみの参加です。どうぞご来場の上ご意見・ご感想お待ちしておりますm(__)m



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 終わったら燃え尽きなければいいのですが…

2017年7月5日水曜日

第23回JNMAフェスティバル活動報告

 2日に開催された年に一度の鉄道模型のお祭り、JNMAフェスティバルですが無事終了、そして釧路に戻ってきましたので報告致します。


 こんな感じでやっておりました。今回で4回目となり、徐々に私の認知度も年々上がってきているのを実感しております。結構SNSを見ていただいている方が増えているようで。ありがとうございます。せっかく見ていただいているのに最近は拙ブログでの発信が疎かになっているのでそろそろ何とかしないとです…今月末までは修羅場ですのでそれまではお待ちくださいm(__)m

 今回は趣向を変えてフィルタリングとチッピングという他ジャンルのメジャー技法の実演を披露しましたが、いかがでしたでしょうか?個人的にはなかなかの好感触だったかなとは思いますが…エゴサしてもなかなか実演に関する書き込みがないようで。ご意見・ご感想等お待ちしております。


 今回の散財。欲しかったものが効率的に手に入ったので良い買い物でした。ディーラー回りをしているとビックリする裏話も聞けて充実の1日でした。

 さて、次回のイベント参加はいよいよ月末に迫ったHMEです。初日に参加できない見込みなので前週に作品を納めに札幌まで走るというミッションを完遂しなければならない為これまで以上の修羅場となります。何としてでも見れる形にしなければ…道内の皆様お楽しみに。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 体調だけには気を付けないと。

2017年6月27日火曜日

第23回JNMAフェスティバル工作実演出演のおしらせ

大変ご無沙汰しております。いろいろと忙しくブログ更新のタイミングを逸しておりましたが、例のお祭り直前ということで告知をさせていただきます。

 表題の通り、今年も
JNMAフェスティバルにて工作実演をすることになりました!!

今年のお題は
「ウェザリングあれこれ」

鉄道模型におけるウェザリングといえばスミ入れやウォッシング、エアブラシで煤や錆色を吹き付けるのが一般的ですが、他のジャンルを見るといろいろな技法があるのはご存知であるかと思います。
それらを鉄道模型にも使えるか?実際に試してみたいと思います。

例えば…

 色褪せ表現をクレオスウェザリングカラーを薄めてフィルタリングでやってみたり。


 
 施工部分が若干白っぽくなっているのがおわかりでしょうか…


 ステンレス無塗装ボディには黒を薄めて…


 汚れで黒ずんだボディを表現したり。

 当日はジャンク車体を少し用意しますのでフィルタリングの体験も数人でしたら可能です。やってみたい方はぜひお尋ねください。


 他にも来月の道内催事向けに製作中のアオシマDD51に…


 この秘密兵器で仕込みをしてとある技法を試します。これは当日のお楽しみ。(まだリハーサルしてない(笑))

 もちろん雑誌掲載最新作のキハ55系急行ましけをはじめとするプチ作品展も行います。

 こんな感じでパワポでデータを作っているiPadを使った電子看板が目印です。当日は是非お立ち寄りください。どうぞよろしくお願いします。


JNMAの詳細はこちら


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 去年よりカツカツでヤバいですアオシマDD51…

2017年3月8日水曜日

冬の釧網本線まとめ 2017 流氷物語号編

 今回もこの冬の釧網本線の特集です。今シーズンから流氷ノロッコ号に代わりキハ54系にラッピングを施し専用車両として仕立てた「流氷物語号」の運行が始まりました。そんなわけで…


 2月19日、オホーツク流氷の日に取材も兼ねて乗りに行きました。快速しれとこに乗り、斜里から流氷物語4号に乗り換え、3号で戻るという行程です。


 知床斜里に着くと予報になかった雪が…



 駅待合室には鉄道コレクションを使ったジオラマが。




 サボもこの列車の為に作られた専用品です。


 着席定員がほぼ埋まるくらいの乗車率で知床斜里を発車。



 地元愛好家が中心となったボランティアスタッフによる車販で入手した肴で流氷ドラフトを。


 そして程なく浜小清水へ。


 網走行は浜小清水で20分程度停車。駅併設の道の駅でじっくりお買物ができました。


 結局往路では天気も悪く網走沖では流氷が見えず網走到着。


 向かいのホームからなにやら手を振る姿が…


 地元のゆるキャラ、ニポポちゃんがお出迎えしてくれました。


 慌ただしく折り返して今度は北浜駅へ。知床斜里行は10分停車。



 天候は回復してくれたのですが暖気と前日からの西風で端氷程度しかありませんでした。とにかく吹きさらしの風で寒かった…



 ド定番スポットなので写真はこの程度で。



 あとは流氷が見れるかどうかになったので網走で仕入れたかにめしで腹ごしらえ。


そしてついに待ち望んだ瞬間が…!海一面を覆い尽くす流氷が車窓いっぱいに!


 念願が叶って満足のいく旅でした。



 復路の車窓も撮りました。もちろん斜里沖の流氷も。


 流氷の姿を見ることが出来てよかったのはもちろんなのですが、流氷物語号は他の道内の観光列車とは異なり地元住民の方々がボランティアスタッフとして車販やガイドを務めたり、途中の道の駅で買い物ができたりと沿線自治体・住民が列車の運行を積極的にバックアップしているのが特徴であり、大きな魅力でもあると今回の旅で感じました。流氷観光シーズンの列車は変わってしまいましたが、地域住民のみなさんの今まで以上のあたたかいおもてなしという魅力が加わり、以前にも負けない地域密着型の観光列車として来シーズンも元気に走ってくれることを期待したいと思います。



にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
にほんブログ村 実はこれを作りたくて取材していたのですが、GMと鉄コレで相次いで製品化という報が。正直競合するとは予想外で驚いています…