2015年6月21日日曜日

【MIDORIBAKO】ボナファイデ キハユニ25を組む【キハユニ25 5+キハ46 6】 後編

 車体工作が終わり、次は塗装です。


 …と塗りあがってしまってますが、キハユニには今回初めておすそ分けしてもらったいさみやプライマーを下地として使用。金属に対して強力な食いつきが得られるとともに下地色が塗れるというスグレモノ。
 キハ46には金属パーツ部分を中心にフィニッシャーズのマルチプライヤーを吹き下地形成。
 そして発色対策としてNAZCAのピンクサフを薄く塗り重ねて室内に薄緑1号、車体色の朱色5号はGM:FABRE=1:1で調色しています。



 屋根はフィニッシャーズのマルチプライヤーを金属パーツ部分中心に吹いた後、NAZCAメカサフライトグレーをそのまま吹いて下地と塗装を同時に。

 

 キハユニのライト部分はマスキングしてケーズごと朱色5号を吹きます。


 室内も塗装します。薄緑、ダークブラウン、青、グレーの順番で吹き、シートに手すりを取り付けます。


 M車であるキハ46はシートのみ塗装します。


 床下も成型色を隠すため塗装。黒いものは艶消し黒。


 グレーのモノはNAZCAメカサフライトグレーに白いサーフェイサーを混ぜて調色。


 そして標記を入れてウォッシングして錆と煤をガッツリ吹いてウェザリングします。


 車体を8分艶消しクリアー(クリアー1:艶消しクリアー4)、屋根と床下は艶消しクリアーで保護して仮組。


 キハユニのライト点灯チェック。前面と屋根の隙間から光が漏れてしまったので薄手の黒ビニールテープで遮光しています。



 運転台と客室に人形を乗せます。キハユニが先頭の設定なので運転台には運転士を。


 そして郵便・荷物室に積荷を積んでみました。プラ片を適当に切り出したり削ったりして着色。みかん箱的なものまで…


 荷物輸送を見たことがない世代なので、実はこれを見てちょっと感動しています…


 キハ46運転台には車掌が乗務。


 ガラス破損防止の保護柵もランナー引き伸ばし線で再現。



 デッキに立ち客を乗せてドラマ感を演出。

 これで完成…といきたいところなんですが、実はキハユニ運転台デフロスタが足が横のタイプで在庫を持っていないことやキハ46のトイレ窓Hゴムが欠けてしまうトラブルがあり、それが揃わないと完成できませんorz

 とりあえず完成カッコカリということで形式写真をご覧ください。


 キハユニ25 5 函館の車はタラコ色に塗り替わった後数年で落ちてしまったそうです。そしてこの車、当時地元で発生した5000万円盗難事件の当該車だったことがお知り合いの方の話で発覚。結局迷宮入りしてしまい真相は未だ闇の中だとか…


 キハ46 6 キハ46では唯一の地方配置になった故、一般型では両運転台車が幅を利かせていたせいか、使い勝手がいいというわけではなかったようです。それでこのペアが生まれたのかもしれません。


 というわけで来月のアレ展示用の新作のメドが立ちました。ブースでの写真はまたの機会に…


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 都産貿催事まであと2週間

1 件のコメント:

  1. はじめまして。
    キハユニで検索していると、キハユニ25の模型の写真が目にとまりました。
    すごくリアルに気動車のムードが出ていますね。
    人形ものせることでいきいきとしています。
    当方は長崎でして、キハユニというと、26が活躍しておりました。
    昔は普通列車の中に2両組み込まれた列車(12両編成 鳥栖、佐世保→長崎)
    もあり、キハユニ25の写真をみたとき、その頃のことが思い出されました。

    返信削除